FX初心者のための指南書

FXと言う取引について

FXとは、日本語に直すと外国為替証拠金取引のことです。基本的に上がるか、下がるか、と言うことを予想する投資です。世の中には色々な通貨がありますから、日本の円に拘る必要はないです。それに値動きが激しい通貨のほうが取引をしていて面白いです。

 

例えば、イギリスの通貨であるポンドは値動きが激しいことで有名であり、そのことで人気があります。取引する側としては、ポンドが値上がりしようが値下がりしようが大した問題ではないのです。

 

問題はどうなるのか、と言うことです。下がる通貨は売ればよいですし、上がる通貨は購入しておけばよいのです。それぞれに儲け方があることがこの投資の特徴でもあります。

 

例えば、不動産投資はその不動産が値上がりすることを予想して購入します。或いは運用して儲けようとするわけです。ですから、色々と面倒なのです。しかし、FXでは上がるか、下がるかだけを予想すれば良いのです。もちろん単純な二択ではなく、様々な要素を勘案して決定します。

 

勘ではなく、しっかりと色々なことを考えて予想するわけです。だからこそ、この取引は面白く、人気があるのです。為替相場はなくなることがありませんから、市場が消えることもないのです。

初心者でもFXで利益を出せる取引

 

FXには初心者であっても取引で利益を出すことが出来るものがあります。これをスワップ取引と言います。なぜスワップ取引が初心者でも簡単に利益を出すことが出来るのかというと、金利を利用した取引だからです。

 

金利と言うのは、年利のまたの名を言うので年間を通して元金に上乗せされる金銭のことを言います。金利分の金銭を年間の月数で割ったものを利息と言うので、金利を利用した取引では月々に利息が支払われることになります。

 

具体的にどのような取引をするのかと言うと、低金利の通貨から高金利の通貨へと通貨を交換するだけで終わります。金利の低いところから高いところに交換すると、ここには金利差が生じることになるのでこれがそのまま投資をするものの利益となるわけです。

 

また、金利の性質上一定期間が経過すれば勝手にお金が入ってくるようなシステムになっているので、一度交換を済ませれば利益を出せるようになっているわけです。

 

このように、何もしなくても取引で利益を出すことができるメリットがあるのがスワップの魅力だと言えます。投資初心者であっても長期的な目線で取引をすれば必ず利益を手に入れることができるようになっているので、これほど簡単な投資はないのです。

FX初心者は全部なくなってもいい余剰資金のみを入金しよう

FXの初心者が一番怖いと思っているのは、入金した証拠金がリアルタイムでどんどんマイナスになっていくのを見ることでしょう。チャートがまったく変動しない時に売買をした場合は、しばらく見ていてもほとんど変動しないのですが、政府要人のコメントが発表されたりすると、チャートが乱高下して、高値の時に買ったら一気に下がって証拠金も減っていくということがあります。

 

こういった時に焦って逆の注文を出すと、今度はその逆に向かってチャートが変動するというのがよくあります。なので、初心者が売買をする場合は、必ず余剰資金だけを入金することです。仮に全部なくなっても構わないというお金を入れましょう。

 

そして、売買時には、決済する場合の目安を決めて、そこまで値が動かなかったら何もしないと誓うことです。そうすると、チャートが乱高下している時に慌てて売買を繰り返して、結果、損失がすごい勢いで増えていくということをある程度防ぐことが出来ます。

 

また、乱高下している時には一切手を出さないようにするという考え方もあります。こういうチャートは玄人向きなので、指標が発表されない、穏やかな時期に注文を入れて、徐々に慣れていくということです。